A'cafe FC2店

イブニングの帰りにお立ち寄りください。素敵な話題を揃えて当店はC&Rオンリーでやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

管理釣り場で異ジャンル夢の競演!?

芸者アマゴ
凄い朱点でしょう!!

実はこれ、アマゴの朱点なんです。
まさに「芸者アマゴ」と呼べてしまう、ド派手な朱点!

思わず「これ、なんていうサカナ??」と
おっしゃってた柄崎さんの奥様の台詞にも頷けて
しまうほど、普段見かけるアマゴとは一線を隔してました。

このお休みはどうしようか・・と思ってたところ山猿さんのブログの書き込みで
飯田の毛鉤人さんと平谷湖という管理釣り場へ行かれるとの情報を入手したのでボクも混ぜてもらいました。

平谷湖というと、色々な思い出があるんです。あれはかれこれ10年近く前、この池というか湖の横を流れる平谷川で大きなアマゴを掛け損ねて通ったことや、池の奥へ延びる林道をさらに走った上流部でボコボコにアマゴが釣れてしまい当時の自分の技術では考えられない状況に感動したこと、さらには99年ドラゴンズ優勝の年の山崎の3ランホームランをここからの帰り道のラジオで聞いたこと・・・などなど。
(そういえばやっとマジック2ですね!!シャロムの森に行ってる時に
マジック点灯してから、本当に長かったですが、今週中には胴上げが
見れそうです。)

話はそれてしまいましたが、その頃今の池は冬季に結氷した状態で
オープンするスケート場だったのです。しかもその反対側には
廃屋となったホテルがあり、イブニングに竿を出すと、おどろおどろしい様子をかもし出していました。
7年ぶりぐらいに平谷川の流れを目にしましたが、当時と変わらぬ砂っ川は健在でした。成魚放流もしていましたが、この砂底に絡む石まわりに綺麗なアマゴがいたものです。

そんな前置きはこの辺にして、この日は山猿さん、毛鉤人さんとみわさんをはじめ、ドイザラスさんご夫妻も、いらっしゃるとのこと、そして今回正式に?初対面を果たした柄崎さんご夫妻もご一緒に釣りは始まりました。その後しばらくすると、これまたショップで時々お見かけして顔だけは覚えていたカキウチさんと、そのお仲間のカワサキさんが、なにやらトラウトキングさんからの景品を持参で登場されました。
なんでも、仲間内での恒例の行事とのことでオフの1週目にはここで釣行会をなさってるんだとか。

そんな感じで盛り上がりまくっていくと、午後からは山猿さんの古い釣り仲間の稲さんと浅さんもいらっしゃいました。お二方もこれまた某ショップでお顔だけは存じ上げていました。フライフィッシングをしてると世間の狭さを痛感しますね。

そんな訳で正式には初対面の方々ばかりなんですが、全然そんな気も
せずに楽しい一日はあっという間に過ぎて行きました。

あ、釣りですか??
そうそう、このエントリーのタイトルのお話をしなくちゃ・・・。
山猿さんの#8のシューティングヘッドシステムから、柄崎さんのシンキングストリーマー、毛鉤人さんのサイトフィッシングなど、様々なジャンルの釣りを皆さんそれぞれに楽しまれていました。
ボクの方は、来月に行く湯原を想定したミッジングの良い練習になりました。湯原の釣りは使用するフックサイズも小さいことに加え、ダムから吹き降ろしたり、下流からダムへ向かう風が巻き返す、釣りを難しくする風が吹きまくるのでその中でのキャストやコントロールの練習をするのに、この日はベストな条件でした。

こんなのが爆釣!

ただ、大きなサイズはボクは全部切られてしまいました(^^;またストリーマー系のほうに部があり、トラキンキャップは見事58センチをランディングされた柄崎さんが獲得されましたよ。

※ご参加の皆さん、おかげさまで楽しい一日でした。また某ショップをはじめあちこちでお会いできると思います、どうぞ宜しくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2006/10/09(月) 11:44:47|
  2. Fishing-Memo

プロフィール

Rolly

Author:Rolly
野生渓流魚、天然渓流魚との出会いを求めて、石徹白川をメインに全国各地へも出没中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

《セゾン》カードローン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。