A'cafe FC2店

イブニングの帰りにお立ち寄りください。素敵な話題を揃えて当店はC&Rオンリーでやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つり仲間

軍団ロゴ


フライフィッシングに限らず、渓流の釣りというのは
その性質上、どうしても「独り」というステージが
必要になってくると思います。
そんな独りと独りと独りと、独りと・・・・・・・という
意識のぶつかり合いだから、正直言って決してキレイ事
ばかりでは済まないのが事実です。

ボクみたいな子供じみた偏屈者もいれば、全く逆のとても
人間性のできた大人の対応ができる人も川にきています。
外見や、持ち物、釣りのスタイルという上っ面で判断されて
しまう現実も目の当たりにしたこともあるし、自分がその
当事者だと感じたこともあります。それはそれで上っ面を
化粧するのが常識なのかもしれないのですが、よくわかりません。
サカナ釣りへのスタンスもとことんまでサカナを針に
掛けることに拘る人もいれば休日を使ってリフレッシュする
手段の一つに釣りを嗜むというスタンスの人もいたりします、
もっといえば、C&Rする人と、持ち帰る人などなど。
渓という空間も一社会の縮図というわけでしょうか。

ボクも、自分の判断は正しいと思って動いてきているし、それを
否定されると納得いくまで議論したくなるほう。その結果、議論は
口論にまで発展して残念な結果を招き、反省させられた事数限りなく。
なおかつ、自分で納得できないものは、これまで受け入れようとか
聞き入れようともせずにきていました。
それが仕事ならば我慢も必要だけどアソビでは勘弁被りたいと
突っ張っていました。

「楽しくなければ釣じゃない!」という釣り仲間の言葉が
示すもの...
ボクのような偏屈男を受け入れてもらえた有難みをつくづく感じる
その向こうで、これまで自分とは合わないと断絶してきた己の
未熟さを痛感させられました。自分を変えなければ楽しく
なれない、自分の納得の行く世界でのみの満足ではいよいよ
物足りなくなってきました。そこに、ボクと正反対の意思の
持ち主がいたとしても、それすらを受け入れてコミュニケーションを
図っていく自分になりたいと最近切に思います。

試作品もいよいよ完成したんだとか・・・このロゴに出会えて
学んだこと、気づかされたことは、ボクにとって計り知れません。

週末はその仲間とジャニ天です。楽しみです。

※突然の愚痴のようなエントリーで失礼しました、、どうぞサラッと
流しておいてください♪

スポンサーサイト
  1. 2006/12/06(水) 21:33:14|
  2. Monologue
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nativeandwild.blog77.fc2.com/tb.php/30-e07434f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Rolly

Author:Rolly
野生渓流魚、天然渓流魚との出会いを求めて、石徹白川をメインに全国各地へも出没中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

《セゾン》カードローン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。