A'cafe FC2店

イブニングの帰りにお立ち寄りください。素敵な話題を揃えて当店はC&Rオンリーでやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の撮った写真を見直してみて。

ポジ?


何年も前に撮影したポジフィルムから2Lサイズにプリントしたものを、スキャンして取り込んで、繋げて、貼り付けて、ポジフィルムもどき!!な~んてアソビで作ってみました(^^;

それにしても、この頃の写真を見ると、そりゃぁもう下手っぴですね。今でも下手な写真ばかりですが、折角ボクの稚拙なドリフトの毛鉤を食べてくれた魚たちに申し訳なくなります。

先日の清掃会時に、友人が銀塩一眼レフを首から掛けていて、「へ~~っニコンじゃん!!」って思いながら見せてもらってたんですが、彼がハッとするような一言を言いました。

「なんかさぁ・・・デジタルのお手軽感も良いなぁと思うけど、フィルムの緊張感ってゆうか、一発勝負的なところが好きなんよね」

おおっ!これだ!と思いましたね。
レタッチソフトなるものをボクも使わせていただいており、その恩恵は多分に授かっているのですが、できるだけ最小限に留めるのを心がけています。加工と補正の違いを自分で説明するのは難しいけど、失敗作は失敗作なりに、撮ったままの絵にしておくのがボクの好み。もちろん、何度もお手軽に撮り直しができるからこそ、慣れてきたし、この頃よりは誰だ見てもきっとマシな絵が撮れるようになったわけですが・・・・。

なんだかこれってば格言みたいですね。お手軽にやり直しが効くのならいっくらでも失敗できて人生も楽でいいのですが、そうはいきませんものね。釣穫圧、環境破壊、、色々な圧力によって狭められていく魚たちの世界、渓景色も、一端なくなってしまったら、この偽者ポジフィルムみたいに養殖魚でまがい物を作る事はできても、元々の素材(自然、在来種、野生種)を活かした修正も加工も出来ませんしね・・・・。

崖っぷちの野良犬には心配してくれても、瀬戸際のヤマメには何の興味すら持ってもらえない世論です、失敗しても撮りなおせない銀塩と似たような緊張感をボクは持っていたいなぁなんて秋の夜長に切ったり貼ったりしつつ思ってみました。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 21:59:08|
  2. 未分類

プロフィール

Rolly

Author:Rolly
野生渓流魚、天然渓流魚との出会いを求めて、石徹白川をメインに全国各地へも出没中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

《セゾン》カードローン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。