A'cafe FC2店

イブニングの帰りにお立ち寄りください。素敵な話題を揃えて当店はC&Rオンリーでやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浪漫

20061113225944.jpg
COOLPIX5000 絞り優先オートF5,6 マルチパターン測光 露出補正0EV ISO100
「海からなぁ、マスが上ってくるんじゃ、あいつ等は、生まれた川がわかるんだろうなぁ・・。でもそれがどうしたことか♀ばっかりでな。♂のマスはおらんのかおるのか知らんがのう、、。」
「そんなんだで、♀ばっかでちゃんと子供生めるんか?思うて見てみると、マスにのう♂のヤマメがくっついて時期が来ると産卵しよるんじゃ。このアマスの源流でのう」


組合長の言葉にボクは、この渓がいかに素晴らしいかを実感しました。
サクラマスといっても、もしかしたら河川残留のギンケヤマメかもしれませんが、天増川ではビワマスのいる滋賀県?故に?これまでずっとアマゴの放流をしてきた経緯があるにも関わらず、ヤマメがいるのだそうです。それはここで釣りをされている方たちの報告も証明しています。

そうやって思い直してみると、いえいえ、ずっと自分の中で引っかかっていたので今更思いなおすまでもありませんが、ボクは100%天然と言い切れるようなヤマメを釣ったことが無いような・・・・。今年北海道へ出かけた時に釣った数匹のヤマメが天然だったとしても、おそらくそれが初めての出会いだったかも。
残念ながら、たった15年しかない自分のフライ人生の中ではそれが現実です。しかも馴染み深い岐阜の渓では、日本海側へ流れる川においても長いことアマゴを放流し続けてきているので、もう何がどうなってることやら・・。仮にまだちゃんとしたヤマメがいるような場所があったとしても僕はそこを知りませんし、これまでの人生では出会う事はありませんでした。

だからボクにとってヤマメというサカナはアマゴとは全く違う思い入れの強い、もうなんていうか、高校時代に好きだけど「いい友達でいましょ」と振られてしまったあの恋心にも似た感情があるのです。

話を戻して天増川にはそんな浪漫溢れるヤマメたちの暮らしが今でもあるのです。
浪漫ってなんだろう??とDIONのサイトで辞書を引くと
ロマン [ roman]<
〔ローマンとも〕

(1)ロマンス(1)に同じ。
「大―を創作する」
(2)小説のように変化に富み、かつ甘美な筋をもった出来事。恋愛事件などにいうことが多い。ロマンス。
「世紀の大―」
(3)小説のように変化に富んだ大冒険や一大事業。
「男の―」「―をかきたてる」

〔「浪漫」「浪曼」などと書いた〕

と、書かれています。

小説のように・・・・。まさしくそんな出来事ですよね!

ボクはそんな浪漫を壊したくはありません。何かできないだろうか??できれば、仲間と考えていきたいと思っていたところに友人から声を掛けていただきました。

このたび、ボクは12月9~10日に長野県松本で開催されるフライショップ・ジャニスさん主催のジャニス天国に友人でありブログ仲間でもある5名で出展させていただくことにしました。

ポスター

A’cafeとして、この「西洋毛鉤浪漫喫茶」に参加します。
本当にコーヒーをお出しできるかどうかは協議中ですが、当日は天増川のことに留まらず、これからの渓景色と僕たち釣り人の関わり方などを皆さんと一緒に考えてみたいと思っています。

詳細は追ってブログに更新していきます。

皆さん、宜しくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2006/11/13(月) 23:37:34|
  2. 未分類

プロフィール

Rolly

Author:Rolly
野生渓流魚、天然渓流魚との出会いを求めて、石徹白川をメインに全国各地へも出没中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

《セゾン》カードローン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。